ロゴ

歯科で出来る治療で歯の痛みや症状を和らげるなら歯医者の技術が必要

歯医者に行かない現実

診察台に上がり、口を開けて治療をするという行為も歯医者が苦手な人にとってはとても怖いことです。過去に受けた歯科治療のトラウマからきていたり、口の中を触られるのが苦手だったりと様々ですが、歯の健康のために受診は必須です。

良い歯医者VS悪い歯医者

悪い歯医者

虫歯があるとすぐに削りたがったり、抜きたがったりする歯医者は要注意。患者にとってそれが最善策とは言えません。すぐ結果を出そうとする歯科医師は、腕も知識もない悪い医者です。

良い歯医者

症状関係なく、治療前にきちんと説明してくれる歯医者は安心感があります。虫歯や歯周病についてのアドバイスでは、生活スタイルまで踏み込んでくれる歯科医師だと最高でしょう。また、痛みを極力減らす治療や、恐怖心をなくし安心して治療ができる環境づくりができている歯医者も評価が高いです。

歯の悩みは幾多に及ぶ

歯を失うと、そこから新たに歯が生えてくるということはありません。欠損箇所には入れ歯、ブリッジ、インプラント治療を選択することになるでしょう。また下記の理由で訪れる方もいます。

歯医者に通う理由ランキング

no.1

虫歯になったから

虫歯が進行すると、神経が死んでしまい痛みを感じることがなくなります。それを治ったと勘違いして放置すると抜歯せざるを得なくなります。また、クラウンが被せられた歯も治療をしたからと言って大丈夫とは限りません。被せ物の中で虫歯が進行することもありますから、定期的にメンテナンスが必要です。

no.2

歯周病で歯が抜けそう

歯茎の炎症から始まり、徐々に顎の骨を溶かしていく歯周病。日本人の多くがこれで歯を失っています。歯周病の怖いところは、知らず知らずのうちに進行することです。無症状なのでおかしいなと感じることがなく放置されがちなのです。その間にも歯を支えている骨は溶け続けるので最後には抜け落ちてしまいます。

no.3

外傷によるもの

喧嘩の時に顔を殴られて前歯を失う方もいれば、交通事故で殆どの歯がなくなるという方も結構います。仮に神経が死んでも、歯医者さんで適切な処置をすれば、歯を残すことができます。

no.4

歯をキレイにしたい

不揃いの歯を歯科矯正で揃えたり、黄ばんだ歯をホワイトニングで美しくしたりなど、歯をキレイにする治療は多くの方が受けています。口元に自信が持てるので、自然と笑顔になれるでしょう。

no.5

欠損した箇所の治療

抜けたまま放置すると、歯並びが崩れてかみ合わせが悪くなります。それを避けるためには、欠損したところを早急に治療しなければなりません。

歯科治療にかかる費用はこのぐらい!歯医者の治療は昔と全然違う

女性

歯の治療は日々進化している

痛いというイメージが定着していたのが、無痛治療を取り入れる歯医者が大田区や村上市、日進駅周辺に数多くあります。意識がある状態で治療に挑める笑気麻酔は、治療に対する恐怖心を拭うにとても適しています。他にも、ゼリー状の麻酔を歯茎の表面に塗布して行なう方法や、局所麻酔といって、刺繍ポケット内を掃除する時に使う麻酔で痛みをなくすことも可能です。インプラント治療も、患者への負担を極力減らす努力をするので怖がる必要はありませんし、名古屋の矯正歯科においてはマウスピース矯正で気軽に歯を整える事が可能です。

治療にかかる費用

歯科治療でかかる費用は、内容で異なります。インプラントは自由診療なので一本数十万円と高めです。虫歯や歯周病治療は、保険適用内で治療ができるので数千円で収まるでしょう。矯正歯科もインプラントと同じく自由診療なので、多額のお金が必要です。どのくらいの費用がかかるのかを知って、治療計画を立てていきましょう。

広告募集中